常備薬を用意しましょう

常備薬を自宅に用意することは非常に重要です。常備薬は、夜間の薬局や病院が閉まっているときの突然の風邪や不慮の事故に応急的に対応できます。もちろん医師の診断や処方薬が必要な病気や怪我には対応できませんが、薬があることが安心感にもつながります。

また常備薬は、地震などの災害時にも威力を発揮します。風邪薬や下痢止め、胃腸薬、下剤のほか、ビタミン剤も災害時には役立ちます。注意点は、薬の使用期限です。せっかく準備していても使用期限が過ぎていると使い物になりません。薬を使わないことは健康である証拠ですから良いことですが、1年に1度はチェックしたいものです。